2009年10月16日

Windows(ウィンドウズ)7 購入する?性能は?




マイクロソフトの新OS『Windows(ウィンドウズ)7』が10/22に発売されます。


Vista(ビスタ)との大きな違いは、起動時間が短縮された事です。


Windows 7 ⇒ 29秒

■Windows Vista ⇒ 40秒

■Windows XP ⇒ 32秒


また、インターネットの閲覧ソフトの立ち上げ時間もビスタのほぼ半分で、

文書ファイルを開く時間も短縮されています。


ビスタは、セキュリティー機能を重視した為に起動に時間がかかってしまい、

ユーザーからの不評を招きました。


ウィンドウズ7では、ユーザーの要望に答えられるよう改善されています。


もう一つ、ウィンドウズ7の売りはタッチパネル機能の標準装備です。

ただ、タッチパネルに関しては、個人的に、

「画面を指でタッチしたら、汚れんじゃね?」という疑問が残ります。

その辺はどうなんでしょう?


わたしは、現在、ビスタのノートPCを使用していますので、

起動時間の短縮はとても魅力的ですが、

タッチパネルの評価が出てくるまでは、『待ち』で行こうかと思います。

posted by kenjo at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。