2009年10月17日

民主党の新政権の評価は?




民主政権から1ヶ月が経ち、

各メディアで新政権の評価がされ始めています。


政治評論家や有識者の記事やコメントでは、

概ね高い評価を得ているようです。



評価ポイントの一つは、脱官僚

各大臣は、自分の考えを自分の言葉で語るようになった事。


前原大臣のように、当然の事を当たり前に話す姿は、

リスクはあるが、裏表のない正直な印象を受けます。



もう一つは、徹底した情報公開

今までの自公政権での予算編成で、

ここまで情報が出てきたことはありません。



人間は基本的に、悪い事をしていなければ、

その事を世間に知らしめたいという欲求が湧きます。

「ほら、オレ悪いことしてないでしょ?」

と、周りの人に言いたくなるのです。


逆にいえば、情報が出てこない時は、

大概、悪い事をしていると思って間違いありません。



そのように、悪い事ばかりしてきた自民党政権に戻さないためには、

来年度予算の概算要求が過去最大になったくらいでガタガタ騒がずに、

長期的な視野で、民主党を応援する姿勢が必要です。


自分たちが選んだ新政権を批判すれば、

麻生首相の批判をしていた自民党と同じになってしまいます。


新政権を信じて、

山積している問題を一緒に解決していく気概を持つべきです。








posted by kenjo at 12:35| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。