2009年10月08日

行政刷新会議の主要メンバーに稲盛和夫氏

税金の無駄遣いを洗い出すために創設された「行政刷新会議」。

その主要メンバーに、稲森和夫氏が起用されました。



稲森和夫氏と言えば、

「生き方」や「働き方」など

人が正しく生きる道を説いた数々の著書があります。





これまでの政権与党である自民党は、

主に経済界の既得権益を持つ団体・人と太いパイプを作ってきました。

つまり、お金儲けを一番に考えるような人達と仲良くしてきたのです。



対して、民主党のブレーンや後見人とも言える人達は、

お金儲けよりも、

『より良く生きるため』に、 あるいは、

『より良い社会を形成するため』に

どうすればいいかという事を提言し、努力してきた人達のように思います。



経済界の稲森和夫氏以外にも、

民主党の政策ブレーンには、榊原英資氏





外交政策では、報道ステーションでもお馴染みの寺島実郎氏


いずれの人も、

所属団体の利益だけを考えるような有識者ではなく

国民目線で物事を見る事ができて、且つ、

社会全体・世界全体の利益を考えるような識者であると思います。



長妻大臣が調査を指示した『貧困率』というのも、

民間の反貧困ネットワークの湯浅誠氏が、

以前からメディアを通じて政府に求めていたことです。





このように、外部からの意見を柔軟に取り入れ、

スピード感を持って実行に移していく姿を見ると、

今後の民主政権に期待ぜずにはおれません。

posted by kenjo at 02:45| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
どうも今の自民はダメな感じですね…。
私自身も今は民主だと思っていますが、
早くまともな自民党になって戻ってくれれば…
というのが本音です…。

ブログ更新頑張ってくださいね。
Posted by のりっぺ1号 at 2009年10月09日 13:48
のりっぺ1号様

コメント&応援を頂き、ありがとうございます。

そうでうね。
わたしも、「今は」民主党だと思っています。

自民党にも若い人を中心にがんばってもらいたいです。
Posted by kenjo at 2009年10月09日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。