2009年10月08日

政権交代で何が変わった?

安倍元首相や福田元首相が叫んでいた。

「拉致問題を解決する!」

「消えた年金問題を最後の一人まで解決する!!」


・・・・したか?



民主党の長妻氏が言っていた。

「貧困の実態調査を行い、対策を講じる!」

「官僚の意識改革をするため、新たな評価制度を設ける!!」


10月5日、長妻大臣は厚労省に、貧困率の実態調査を指示した。

10月6日、同じく、厚労省独自の人事評価制度を導入した。


その評価制度は、

「無駄排除できてるか?」

「情報公開できてるか?」などを基準としている。



拉致問題がすぐ解決できないのは理解できる。

しかし、こうやってスグできる事はある。

自公政権は、それさえもやっていなかったという事か。
posted by kenjo at 00:22| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。