2009年10月06日

映画 「私の中のあなた」

11歳の少女が、自分の両親を訴えた。


その訳とは?




10/9(金)から公開の映画「私の中のあなた


白血病の姉の命を救うための最良のドナーとして、

遺伝子操作によってこの世に生を受けた少女。


その少女が自分の体を守るため、両親相手に訴訟を起こす。



原作はジョディ・ピコーのベストセラー『わたしのなかのあなた』。



気になる映画の結末は、原作とは異なるらしいが・・・


スッゲー気になる!!!


はたして、映画を見てから本を読むべきか・・・

原作を読んでから映画を見るべきか・・・それが問題だ・・・・


posted by kenjo at 22:18| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログのぞきに来ました♪足跡がてらに残していきますね。
僕のブログちょっと気分がいされると思いますが、
書いてます♪またのぞきに来ますね。
Posted by 新川 at 2009年10月20日 18:45
コメントありがとうございます^^
また遊びに来てください^^
Posted by kenjo at 2009年10月21日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。