2009年09月28日

香山リカ VS 勝間和代

ここ最近、売れてる本のランキングで必ず目にする

香山リカの

「しがみつかない生き方 『ふつうの幸』せを手に入れる10のルール」。




無論その理由は・・・


10番目のルール「<勝間和代>を目指さない」にある。



私も、新聞広告でその言葉を見た時は居てもたってもおられず、

ソッコーでTSUTAYAに行って、その章だけ立ち読みしましたww



要は、こういう事だろうと思います。


カツマー達は「努力すれば必ず成功すると信じて疑わない」。

(※カツマー・・・勝間和代を崇拝する人々の俗称w)


しかし、長く精神科医をやってきた香山リカは、

いくら真面目にひたむきに努力しても成功できなかった人達をたくさん見てきた。


そのことをカツマー達に言っても、

彼女たちはきっと微笑んで「努力すれば必ず成功するわよ」と言うだろうと。



さて、何が問題か?



つまり、香山リカはカツマー達のことを、

「いくら真面目に努力してもどうにもならない人もいる」という現実から目を背け、
自分達の見えるものしか見やがらねぇ!!と言ってる・・・・と思うww



その心の壁を、専門用語でナントカと言っていたが(立ち読みだから忘れましたw)、


要はそれって「バカの壁」だよね。


いやー、養老先生の「バカの壁」は、全ての事柄に通じるねぇ〜〜^^


posted by kenjo at 19:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。